マーク・トウェイン『不思議な少年』を読みました

マーク・トウェイン読書感想文

人間というものは…

マーク・トウェイン

タイトル:不思議な少年

著者:マーク・トウェイン

出版社:岩波書店(岩波文庫)

価格:720円(税別)

ページ数:252ページ

発行日:1999年12月16日発行

この本のあらすじ

不思議な少年マークトウェインといえば、「トムソーヤの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」などが有名ですが、今回はこちら「不思議な少年」です。

活発でいきいきとした作品のイメージがあったのですが、それに反して表紙のあらすじが何やら不穏だと興味を持ち購入しました。

 

 

1590年、オーストリア。魔女狩りが行われている時代。

美しい自然に囲まれて純粋に育つ少年達の前に、不思議な少年が現れた。

見目麗しいわ話はうまいわ特殊能力を持つわで、もう好きにならずにいられない!

すっかり夢中になった少年達に、彼は自分の名を告げる。

「サタンだよ」

サタンには善も悪もない。

動物にも善悪はない。

人間だけが良心だの道徳だの持ち合わせて、挙句どの生き物より残酷であること、人間がいかに卑しく下劣な存在であるかを、事あるごとに少年に教えていく。

言っていることは正しい

少年はサタンとの交流を楽しみながらもサタンの考え方、残酷な行為に戸惑います。

 

サタンは大切な友達!話すだけで胸踊るような素敵なやつさ。

しかしやたら人間をディスってくるな。言い返しても論破されるし。

その上、不思議な能力でみんなを助けてくれると思いきや、寿命を縮めたり廃人にしたり…そういうことじゃないんだよなぁ。

でも、きっと彼は正しいんだ。

 

少年の心情はこんな感じかな?

サタンの言うことは、人間としてはすんなり受け入れがたいけど、それが真実であることは気づいている様子です。

唯一の武器は笑い

人間のことをボロクソにいうサタンですが、なんと人間には強力な武器があることを教えてくれます。

 

君たち人間ってのは、どうせ憐れなものじゃあるが、ただ一つだけ、こいつは実に強力な武器を持ってるわけだよね。

つまり、笑いなんだ。

マーク・トウェイン「不思議な少年」

 

笑いこそが、権力、金銭、迫害などをたったひと吹きで粉微塵に吹きとばせるというのです。

ちなみに人間は、この武器を一度として使うことはなく、笑い以外の武器を持ち出してはがやがや戦っているようです。

そんな頭も勇気もないと。

大切な武器を錆びつかせていたのか…。

 

物語としては大きな展開があるわけではなく、終わり方も静かです。

この最後の静けさ、あっけなさが余韻を残す作品でした。

不思議な少年

コメント

タイトルとURLをコピーしました