宮部みゆき『チヨ子』を読みました

宮部みゆきーチヨ子読書感想文

ダークファンタジーな作品を集めた短編集

宮部みゆきーチヨ子

タイトル:チヨ子

著者:宮部みゆき

出版社:光文社(光文社文庫)

価格:476円(税別)

ページ数:244ページ

発行日:2011年7月20日発行

五つの作品たち

宮部みゆきーチヨ子雪娘

久しぶりに集まった小学校時代のなかよし四人グループ。

彼らのグループにはもう一人いた。二十年前、あんなことが起きなければ。

 

オモチャ

商店街にある古びた玩具屋さん。

そこの女主人が亡くなると不穏な噂が流れるようになった。

夜中になると、お店の二階の窓から首吊りロープが見える。

 

チヨ子

バイトで着たカビの生えたピンク色のウサギの着ぐるみ。

このウサギ、頭をかぶると不思議なものが見える着ぐるみだった。

 

いしまくら

近所で起きた女子高生殺人事件。

その後、被害者の良くない噂が広がっていった。

石崎は、その汚名を晴らそうと調べる娘と共に噂の正体を探っていく。

 

聖痕

子供に関わることを調べる調査事務所。

そこにある男が依頼にきた。

殺人事件を起こした自分の息子を、ネットで「黒き救世主」と呼び崇めている連中がいる。

最後に

宮部みゆきーチヨ子宮部みゆきさんは「火車」「模倣犯」など作品がドラマや映画になっている大変有名な方ですが、今回初めて読みました。

好みとは少し違いましたが、読みきれる楽しさがありました。

特に「いしまくら」はどんどん話が展開していき、短編ながら読み応えがあります。

「チヨ子」と「オモチャ」はややハートフルかな。

幽霊の話もありますが、怖くはありません。

長編を読めばまた印象が変わるかも。

タイトルを見て「次はどんな話だろう」と想像しつつ、全く予想とハズレたりするのもまた楽しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました