2月6日はお風呂の日! ジャン=フィリップ・トゥーサン『浴室』を読みました

ジャン=フィリップ・トゥーサンの浴室読書感想文

ナイーブな人の物語なのかと思いきや

ジャン=フィリップ・トゥーサンの浴室タイトル:浴室

著者:ジャン=フィリップ・トゥーサン

出版社:集英社(集英社文庫)

価格:350円※現在の価格は440円(税込)のようです。

ページ数:187ページ

発行日:1998年6月10日発行(初版1994年11月25日)

この本のあらすじ

仕事もある、恋人もいる、二人で暮らす部屋もある。

なのになぜか浴室が心地よく出たくない。

いや、別に出るけど。

なんだったら急に1人で旅行にも行っちゃいますけど。

そんでせっかく訪ねてきた恋人に、ありえない行動しますけど。

もう浴室関係ない!

と思いきやまた浴室でてきた!

実験的小説なのか?

↓裏表紙のあらすじ

ジャン=フィリップ・トゥーサンの浴室

裏表紙のあらすじを読んで興味を持ったのですが、日常的な内容なのに不穏な空気というか、違和感がある不思議な作品でした。

説明が少なく、後の方でしれっとあかされることもあれば、謎のままのことも。

まず内容の前に、なぜ段落に番号がついてるの?

もうここで気になって話に入り込めない。

それでも少しづつ読んでいくと今度はいつまでタコさばいてるの⁉︎

それもペンキ塗りにきた業者さんが。

5匹以上いたみたいだから、そりゃ時間はかかるだろうけど。

あと一ヶ所「イカ」って言ってるけどこれは間違い?

それからセリフに「」がついてないのは意図があるの?

何も言わずに突然旅立ったけど、一体今どこにいるの?これはのちにヴェネチアと判明。

あれ?この話ループしてるの?

目次も変だし。

もう頭の中は疑問でいっぱいでした。

頭が固いからかな

最後に

ジャン=フィリップ・トゥーサンの浴室

いろいろひっかかってなかなか読み進まないけれど途中でやめてしまうには惜しい!

そんな思いで読みました。

この独特の世界観は、楽しめたら特別な一冊になりそう。

作品の評価は高く、フランスでは映画化もされたそうです。

文字数は少ないながら、かなりインパクトがありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました