内田百間『ノラや』を読みました

内田百間のノラや読書感想文

百間先生から愛猫へのラブレター

内田百間のノラや

タイトル:ノラや

著者:内田百間(うちだひゃっけん)

出版社:中央公論社(中公文庫)

価格:796円(税込)

ページ数:321ページ

発行日:2010年11月30日発行(初版1980年3月10日)

この本のあらすじ

ある日家の庭にやってきた一匹の子猫。

世話をするうちに自然と飼うことになり、名前を「ノラ」と名付けた。

可愛がってきたノラが、ある日帰ってこなくなった。

妻や知り合いを含め必至に探す日々。

そうだ、新聞の案内広告に猫探しの広告をだそう。

そうだ、新聞配達店に折り込み広告を入れてもらおう。

そうだ、警察署に捜索願を出そう。

無事ノラが帰ってきたときのために、お礼状の挨拶と、お祝いを兼ねたノラからの案内状も作ろう。

また帰れなくなったら困るから、鈴付きの首輪を用意しよう。

早く帰っておいで、ノラや。

猫好きの心震わせる

月刊誌「小説新潮」の連載で、ノラ、ノラ失踪後に訪れた猫クルッとの交流と騒動がかかれています。

居なくなったノラを想い、先生は毎日泣き暮れています。

あまり眠れない食欲もない風呂も入らず顔も二十日間洗ってない。

ノラが可愛くて可哀想で堪らない。

淋しいから知り合いに家に来てもらったりするが、やはりノラを思い出しては泣いてしまう先生。

広告を見た人達から似た猫が庭にいる、亡くなっていて埋めた猫が似ていたなど、親切な情報が入っては、現場に行き確認する日々(主に奥様が)。

嫌がらせや脅迫めいたもの、何が目的か分からないような電話もあり、疲労もたまっていく。

どんどん日にちが過ぎていく。

もう読んでいるこちらが胸が苦しくなるようです。

ノラちゃん、帰ってきて。

せめて無事だけでも知りたいと、祈るような気持ちでページをめくります。

旧仮名遣いですが、そこはなんとなく読めます。

同じ説明が何度か出てきますが、これは連載をまとめた本だからだと思います。

「いい子だ、いい子だ、ノラちゃんは」

内田百間のノラや

必死にノラを探したり、喧嘩で怪我したクルッを心配したり、二匹に翻弄される先生ですが、失礼ながら愛嬌があってユーモアもあるので、微笑ましく読めたりもします。

猫愛ダダ漏れの一冊ですが、特に印象に残っているのが

 

家内がお勝手でノラを抱いて、「いい子だ、いい子だ、ノラちゃんは」と歌ふ様に云ひながらそこいらを歩き廻ると、ノラは全く合点の行かぬ顔をして抱かれてゐた。

その様子の可愛さ。思ひ出せば矢張り堪らない。

ー内田百間 ノラやー

 

その光景が目に浮かぶようです。

本当に可愛かったんだろうな。

最後に

猫好きには有名な作品です。

ものすごく共感しながら読みました。

ご夫婦がどれほどノラやクルッを可愛がっておられたか。

ところで、表紙はロシアンブルーのような子猫の写真なのですが、これはなぜなのだろう。

ノラちゃんの写真はありませんが、内容から「虎ブチに白」とあります。

クルッちゃんはノラちゃんに似ているから、同じような模様だろうし。

表紙の子ももちろんかわいいけど、なんで?

猫の本は他に、ポール・ギャリコの「猫語の教科書」が猫目線で人との暮らし方を語っていて面白いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました