こんな海なら行きたくない⁉︎原田宗典『海の短篇集』を読みました

原田宗典ー海の短篇集読書感想文

一時ほどの暑さではないものの、まだまだ汗ばむ季節。

残暑め、やってくれますね。

今年は異例尽くしで、ストレスもたまります。

そんな時は“海”にまつわる物語で、開放的な気分に浸ってみませんか?

本棚を整理したらでてきたこの一冊、お盆に読んでいました。

ずいぶん前に古本屋で購入したのですが、帯が深キョン!

原田宗典ー海の短篇集

深キョン欲しさに買った気がする。

予備知識ゼロなので、タイトルと装丁から勝手に中身を予想。

⚫︎ある男性が浜辺にたたずみ、いつかのやさしい記憶をたどる。

⚫︎少年たちのひと夏の冒険。

⚫︎彼女の恋は、波とともにやってきた。

みたいな。

甘酸っぱいとか、おだやかな内容かと思ったんです。

読んでみたら全然違う!

ほぼ不可思議です。

商品情報

原田宗典ー海の短篇集

タイトル:海の短篇集

著者:原田宗典(はらだむねのり)

出版社:角川書店(角川文庫)

定価:380円(税込418円)

ページ数:146ページ

発行日:1997221日発行

この本の内容

原田宗典ー海の短篇集もともとはラジオ放送用に書いた短い作品を、大幅に加筆して一冊の本にまとめたものです。

舞台はすべて海外の海。

主人公が、突然ありえない不可思議な経験をする話が12話そろっています。

「世にも奇妙な物語」のような雰囲気でしょうか。

旅先で出会う現地の人、なにげない会話からふいに漂うあやしい空気。

身の危険を感じるもの、ただ不思議なもの、それいいな〜となるものなど、短い話ですがそれぞれのテイストがあり、飽きることなく読み進められます。

どこの国の海かわかりませんが、美しい砂浜と海の描写で、頭の中には南国のビーチがありありと。

また観光客相手に商売しているであろう現地の人が、ちょっと強引であったり人懐っこかったりで、あぁ日本じゃないんだなと感じさせます。

この本のもくじ

取り憑く島

何を入れる箱

願いをひとつ

黒魔術

成長する石

デジャヴの村

岬にいた少女

夕陽に間に合えば

人の魚

中には何が

贋のビーチ

美しすぎる風景

 

あとがき

この本の感想

原田宗典ー海の短篇集主人公がいろいろと不思議な出来事に遭遇するのですが、終始ナゾのままです。

その出来事に意味なんてないし、なぜそうなったのか理由もなにもわからない。

なので読んでいる自分も主人公と同じ、なにもわからないままなのです。

ただゾッとしたり、ポカンとしたり。

妙な体験をする主人公とともに、読んでいるこちらもその世界を疑似体験できます。

ただしうれしくない体験が多い。

「どういう事?」と戸惑っているあいだに話が終わってしまい、置いてきぼりをくらうというおもしろさもありました。

短いお話なので説明するとほぼネタバレになってしまい、あまり内容をお伝えできないのが歯がゆいです。

サラッと読めてあとはなにも残らない、そんな潔い読後感でした。

まとめ

暑さでバテた体には、このただ純粋に不可思議な世界がピッタリでした。

どういうときにこの現実にはない現象を思いつくのだろう。

創作するってすごいですね。

短い時間しかとれない、

今は深く考えたくない、

「世にも奇妙な物語特別編」を楽しみにしている、

そんな方々にオススメの一冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました