10月1日は国際コーヒーの日!カルディのコーヒーと、あわしま堂『珈琲どら焼』を食べました

あわしま堂の珈琲どら焼お菓子

あわしま堂の珈琲どら焼早いものでもうすぐ10月ですね。

年が明けたころは、こんな世の中になるとは夢にも思いませんでした。

のんきだったなぁ。

よし、コーヒーでも飲んで気持ちを切りかえよう!カルディのコーヒー豆

101日「国際コーヒーの日」は、コーヒーの新年度が10月であることから、

日本では1983年「全日本コーヒー協会」によって、

世界では2015年「国際コーヒー機関」によって定められました。

日本の方がずいぶん早いですね。

コーヒーは毎日飲んでいますが、この時期は買い出しに行くとコーヒー商品をいつもより多く見かけるので、なんとなく気分が上がります。

そんな今日のコーヒーのお供は「珈琲どら焼」です。

 

 

カルディのコーヒー

カルディのコーヒー豆毎日コーヒーを飲んでいるのに、恥ずかしながら味の違いははっきり分からず

とはいえ好みはあるので、豆の説明文を読みながら選ぶのは楽しい!

いろんなお店の豆を買いますが、よく利用するのはカルディです。

今家にあるのは「カナリオ」と「ブラジル」カルディのコーヒー豆

少しずつ買うのがいいのですが、ついつい多めに。

冷凍庫で保管しています。

豆の状態で購入。

まずは封をあけたら欠点豆を探します。

虫食い豆、貝殻豆など。

カルディのコーヒー豆

欠点豆はトイレに置いて、芳香剤代わりにしています。

これがいい香りがするんですよ。

しばらくすると香りは消えますが、また新しく封を開けたら追加していきます。

豆をひいて、ペーパードリップでいれて完成。

涼しくなって、コーヒーがよりおいしく感じる季節になりました。

 

 

あわしま堂の珈琲どら焼

あわしま堂の珈琲どら焼

価格:138円(税込)購入時

あわしま堂の珈琲どら焼

パッケージに「冷やしても美味しい」とオススメされてたので、冷蔵庫で冷やしておいた。

どら焼生地で、コーヒーゼリー・コーヒークリーム・小豆粒あんをサンド。あわしま堂の珈琲どら焼

生地はプレーン。

食べてみると、コーヒーの香ばしさが特徴的。あわしま堂の珈琲どら焼

ゼリーとクリーム、2つのタイプのコーヒー味が主張している。

そこに強い甘味のあんこが参戦。

コーヒーとあんこは相性がいいのですぐ仲良し。

たまにゼリーのつるんとした感触がある。あわしま堂の珈琲どら焼

思ったより甘い。

特にあんこが甘かった。

 

 

あわしま堂の珈琲どら焼珈琲どら焼、おいしくいただきました。

どら焼はいろんなフレーバーがありますが、ちゃんと味がまとまっているのがすごいです。

懐が深い和菓子だ。

コーヒーともよく合うし、お供にうってつけ。

コーヒーは、お店やコンビニで飲むのもいいし、家で飲むなら缶やペットボトル、インスタント、ハンドドリップなどさまざまな味わいと良さがあります。

コーヒーの日にむけて、さらにコーヒーが好きになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました